就学時健康診断って?

Sponsored Link

小学校の入学準備を意識するようになるのは、

前の年の秋~冬の初め頃でしょうか。

その頃になると、それぞれお住まいの自治体や教育委員会から、

私立や国立の場合は、その学校から入学のお知らせが届きます。

その中に、子供が入学する小学校名や就学時健康診断の案内があります。

就学時健康診断とは入学に備えて、

視力、内科、歯科等の健康診断を行う小学校の入学準備です。

だいたい就学前年度の11月30日までに、

行なわれるところが多いようです。

就学時健康診断は、記載された日時に

入学予定の小学校で受けてください。

 

といった学校も増えています。

新一年生は、それぞれ担当のお兄さんお姉さんに手を引かれて検診へ。

きっと子供にとっても印象深い1日になるでしょう。

就学時健康診断は

事前に必要事項を記入した健康調査票や

連絡先(学校までの通学路の地図)などを記入した調査票を

持参する必要がある場合もありますので、

事前に案内をチェックしておきましょう。

そして、よく忘れるケースが多いのですが、

お子さんとママの上靴も忘れないようにしてくださいね。
参考までに、我が家で受けた公立小学校の就学時健康診断は、

親子で、各教室を回り、各検査を受けていくというものでした。

最後に、親と子が別室に案内され、

子供は何か「受け答え」の検査を受けたようです。

受け答えが上手にできなかったり、

自分の番までイスに座ってきちんと待てなかったりと

気になる点があるお子さんは、

その後、最後の親子面談の前に

校長面談を受けていたようです。

学校によって地域によって違うと思いますが、参考になればと思います。

Sponsored Link