体操着や水着におきがえ-小学校入学準備

Sponsored Link

小学校の入学準備の中で、
体操着や水着にお着替えといったシーンも新たに加わってきます。

今まではスモッグをかぶるだけだったり、
補助の先生もついていてくれたかと思いますが、

小学校は皆自分でやらなければなりません。

着替えられたはいいけど、
脱いだものをきちんとしまっておかなかった為に、
靴下が片方行方不明…

なんてことも(お名前は全てに記入が基本です)

体育の時間では、暑いときはタオル
寒いときは上着やトレーナーといったアイテムも増えます。

水着では、女の子は髪を結んで水泳帽に入れなくてはなりません。

男の子は水泳パンツのウエストが、
紐のものが多い為、
蝶結びがまだ出来ないお子さんはゆるめにしておくか、
ゴムに変えてあげるのも手でしょう。
(これは運動靴も同様で、マジックテープではなく、紐の場合は、ゴムタイプの
靴紐も売っていますので活用してみてはどうでしょうか?)

水着タオルもやはり最初のうちは、
フードのついた、ボタン止めタイプが便利なようです。
(普通のタオルですと、ひきずって濡らしてしまうことも)

ゴーグルや目薬もお子さんによっては、
自分でしなければならない場合もありますので、
小学校の入学準備として少し意識しておいたほうが、いいのかもしれません。

Sponsored Link