給食当番

Sponsored Link

小学校の楽しみのなかに『給食』がありますね^^
最初の頃は上級生がお手伝いしてくれますが、だんだんと一年生に給食当番がまかされるようになってきます。

お家では、お皿を運んだり、食べ終わったお茶碗を下げたり、
といったことは し始めていると思いますが、
まだなかなか、ご飯をよそったり、
特に汁物(具と汁のバランスをとるのも大変)などはそったり、運んだりといったことは、
難しいところですよね。

 幼稚園や保育園でもお弁当や給食のときに、
牛乳を配ったりお茶をついだりといった
簡単なお当番さんがあったところもあるようですが、

小学校の給食は、きちんと給食着に着替えマスクをし、
すべての給食の用意をします。

牛乳のストローを配ったり、おかずやご飯・デザートを盛り付けます。

もし足りない分があったときは、急いで給食室へ取りに行ったり、
牛乳パックのたたみ方も指導します。
(かさばらないようにつぶし1つのパックに収めるというたたみ方です)

おかわりは全て食べ終えた人からできるというのは、
どこの学校でも共通のルールのようですね。

食べることもそうですが、
食事のしたくも、小学校の入学準備の手始めとして、
ご家庭でも積極的にされたほうが、
入学してからも楽しく上手に給食当番ができるかもしれませんね。

また献立表にレシピものっていたりしますので、おいしかったメニューは
お子さんと楽しみながらお家で作ってみるのもいいですよ。

Sponsored Link