給食 好きなもの 嫌いなもの どうしよう?

Sponsored Link

小学校に入学してしばらくすると学校給食が始まりますが、
好き嫌いが多いとこれが大変なのです!

毎日の給食の献立の中で、

好きなもの・嫌いなものは
子供にとっては死活問題です。

今は昔のように「無理に全部食べなさい。」といった指導は
ほとんどの学校はしていないようですが、

これ、実は担任の方針によるところが大きいです。

我が家の場合ですが、

1年生の担任→給食の時間が終わるまで、できるだけ頑張って食べなさい。
2・4年生の担任→無理しない程度に食べなさい。
3年生の担任→残す子はおかわり禁止。残ったご飯はオニギリニしてくれる。
5.6年生の担任→食べる前に苦手なものは少し食缶に戻して良い。

といった感じでした。

 

嫌いな食べ物があっても、頑張って食べる!

 

ことができればBESTなのですが、
全く牛乳が飲めなかったり、
野菜は ほとんどダメとか、
フルーツは…といった場合には、

本人にとってもかなり給食自体が、
苦痛なものになってしまわないとも限りません。

給食の好き嫌い

そんな場合は、やはり担任の先生に相談し
対策を考えてあげた方がいいかもしれません。

 

そして、好き嫌いだけでなく
アレルギー体質で、アレルゲンが明白な場合は
学校にその旨をきちんと伝え対応してもらいましょう。

また宗教的なことから
食事制限といったものもあるかもしれません。

食べることは、勉強と同じくらい大切なことですから、
小学校の入学準備の段階で
きちんと先生に伝えておきましょう。

また飲料水についても、
学校の水道水しか飲めない場合、
自分の水筒を持参できる場合などあります。

わが子の通う小学校は
東日本大震災後からは、
学校に水筒を持参していいことになり
ほとんどの子が毎日水筒持参で登校しています。
(ちなみに、中身はお茶か水です。)

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA